Contents Sales Process
5b8c993e5f78667f140004fe

Contents Sales Process

¥15,000 税込

※こちらはダウンロード商品です

csp-download.pdf

50.3KB

ブログやメルマガ、SNSすらやっていない 完全無名、人脈なしのゼロスタートから7ヶ月後・・・ メルマガ読者数わずか180人にも関わらず、 たった1つのコンテンツだけで 毎月508,446円以上の安定収入を得るまでに! この再現性抜群な成長ストーリーを丸パクリして 安定型ビジネスモデルを構築しませんか? ------------------------------------------------  コンテンツ内容 ------------------------------------------------ ■第1部 ノウハウ構築  ・眠っている引き出しからアイディアを掘り起こす  ・数ある手法の中から、   なぜそれを選択して集中的に取り組んだのか?  ・稼ぎよりも重要な2つの検証ポイント  ・『プラットフォームの力』を見極めるために   徹底的に放置した理由  ・”放置”から”宣伝”に移った時期と分岐点  ・誰にでも再現できる教材に仕上げるためのテスト  ・「素早く行動するのが大事」と言われるが、   5ヶ月での作業量と成果物は具体的にどのくらいか? ■第2部 マニュアル作成  ・商品化する段階で、テーマやターゲット選定よりも   最優先で決めたこととは?  ・高価格に見合うコンテンツを作るために   組み合わせた3つのテーマ  ・長く売り続けるために拘った商品タイトル  ・100%全員が積極的に   協力してくれるモニターさんだけを厳選して集める方法  ・商品作成の初期段階では6割の完成度にすべき理由  ・モニターさんに協力してもらうことで得られる   2つの絶大なメリットとは?  ・購入者限定サイト=最強の商品提供法 ■第3部 販売準備  ・商品完成後、真っ先にセールスレターを仕上げた理由  ・一気に全てを完成させるための外注依頼タイミング  ・商品効果に絶対的な信憑性を持たせるために   裏で行った販売戦略  ・モニターさんの力を最大限にお借りして   成約率を爆上げする方法  ・LPは2時間くらいでササッと作るべし!  ・最高のスタートダッシュを切るための逆算販売戦略  ・初日から登録率50%を出した前振りシナリオ ■第4部 販売促進  ・新規見込み客を集めるための準備  ・販促のウィークポイントをひたすら集めておく  ・ステップメールの修正箇所を山ほど把握しているにも関わらず   ずっと放置していた理由  ・LPはこの段階で作り込め!  ・『購入者のリアル』を全て把握し、   顧客満足度と新規客の成約率を同時に高めた方法  ・放ったらかしで安定的に利益を伸ばし続けるために   今現在も行っている集客手法とは?  ・広告をバンバン出しても赤字になることがない、   後出しジャンケン戦略  ・地味な集客法も疎かにしない!   無料で効果的に新規見込み客を増やし続けている4つの手法 ■追加コンテンツ  ・セミナーコンテンツビジネス戦略  ・ドライテストの失敗&復活事例 ※販売戦略をテーマにした講義は随時追加予定です。 ------------------------------------------------  提供方法 ------------------------------------------------ コンテンツは全て購入者限定ページに公開しています。 購入後、ダウンロードページのURLとパスワードをお渡ししますので、 そちらにアクセスしてご覧ください。 【提供形態】  ・動画  ・スライド資料(PDF)  ・ダウンロード用音声(MP3) ------------------------------------------------  メッセージ ------------------------------------------------ 完全にゼロの状態から始めて 自動的に月収50万円以上を稼げるまでの7ヶ月間を 時系列でお話する教材です。 もちろん一発屋では意味がありません。 そこで、毎月安定して売上を伸ばすための 今現在行っている戦略も同時にお伝えします。 ぜひ、ここでお話することを そのまま真似してみてください。 「黒字になると分かりきっている」と把握するまで 全くお金を使っていない方法なので、 実践する上での金銭的なリスクはありません。 「売れる商品が作れない」 「有料で売った後のクレームが怖い」 このような心配も無用です。 さらに、 「顧客満足が高く、長く売れ続ける商品」を 長く安定的に販売するために 今現在、リアルタイムで行っている方法もお伝えします。